<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スピリチュアルサウスウエスト!(アートクラフト)

ニューメキシコで有名な観光地では、サンタフェ、タオスなどネイティブアメリカンのプエブロ(集落)があります。町全体が「アドベ」と呼ばれる、土と藁を固めた日乾煉瓦で作られた建物でできていてとってもかわいい。
e0091143_12295185.jpg


e0091143_12303442.jpg


サンタフェ、タオス周辺は芸術が盛んでネイティブアメリカンのアートクラフトやアートのギャラリーやショップがたくさんあります。
e0091143_12301014.jpg

私はインディアンジュエリーやビーズ、織物などが大好きなのですが、アリゾナ、ニューメキシコ、ユタ周辺のナバホ、ホピ、ズニ族など部族によっていろいろな特徴があります。

売り手や作り手の人に一つ一つのモチーフの意味などを教えてもらうのも楽しみの一つです。自然をモチーフにしたものが多く、人間は自然の一部であり、自然に感謝して共に生きていくという教えがいっぱい詰まっています。例えばギザギザ模様は雷をモチーフにしています。恵の雨をもたらしてくれます。


でもこれって、自然のあらゆるもの、木や滝や山に神様がいて、自然から恩恵を受けて生きているという私達日本人古来の考え方と同じなんです。最近の日本では忘れていることを改めて教えてもらった気がします。


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
by moccasin88 | 2006-06-09 12:01 | アメリカ

スピリチュアルサウスウエスト!(アルバカーキ)

旅に行くと元気がもらえます。
中でも何度も足を運んでいるのがアメリカのサウスウエスト。
アリゾナ、ニューメキシコ、ユタのあたり。

赤く乾いた大地。
ネイティブアメリカンの聖なる土地モニュメントバレー。
スピリチュアルなアリゾナ、セドナ。

まずは飛行機でLAからニューメキシコの玄関口アルバカーキへ。
たまたま訪れたとき、「gathering of nations」というネイティブアメリカンの大きなお祭りがあって、これが思いのほかいい出会いでしした。


文字通り、アメリカ中から様々なネイティブアメリカンの部族が集まり、実に様々なダンスが行われます。カラフルなビーズや美しい羽飾り、衣装だけでも圧倒されるけど、歌やダンスも部族それぞれで見所満載。

ヤマアラシやイーグルの派手な羽飾りをつけた男の人の戦闘のダンス。
ジャラジャラ音を立てるジングルがついている衣装を着た女の人のジングルダンスなどなど。

さらに、ビーズや小物など、手作りの物や食べ物の屋台まであって、本当に楽しめます。
インディアンブレッドというパンを油で揚げて、チーズや野菜を沢山載せてあるインディアンピザ(?)がおいしい!

そして、多分あんまり知られてはいないけど、アルバカーキには沢山のアンティークが集まる通りがあります。
かなり大きな建物に何100ものブースがあって、まるで蚤の市をそのまま建物にした感じにしたようなビルが沢山並んでいます。
e0091143_12464241.jpg

一日周っても飽きないくらい。LAのローズボールなんか目じゃないくらい安いし楽しい!
e0091143_12465152.jpg


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
by moccasin88 | 2006-06-01 12:42 | アメリカ