<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

南の島

日本からたった3時間半、気軽に行ける南の島グアム。
2月の真冬の日本から行けば、本当に楽園です。

というわけで、久しぶりに家族旅行です。

安いパックを選べば3万円くらいから、金曜日の夜から週末だけでもぱっとさっといけちゃうのが魅力ですね。

とはいえたった4日間だけれど、ダイビング、ショッピング、レンタカーでドライブ、それに極楽マッサージにと思いのほか満喫。

3時間半はあっという間についちゃうけど、入国審査に1時間半もかかりました。
アメリカに入国するには指紋採取とデジカメによる顔写真の撮影が義務づけらていますので、ながーい行列です。
文句たらたらの日本人をよそ目に入国審査官の人はもくもくと作業を続けるだけです。

日本を出ると、日本のあらゆるサービスがすばらしいことに気づきます。
でもここは郷に入れば郷に従い、南の島のゆったりとした時間を楽しみましょう。

まず着いて早速、ホテルに併設されているマンダラ・スパでアロマテラピー・マッサージ。
お庭の個室にはジャグジーも付いていて、南国の暖かい空気とアロマオイルの匂いが混ざり、
うーん極楽。

青い空、エメラルドの海、深紅のブーゲンビリア。
ホテルのプールで泳いだ後はバーでピニャ・コラーダを飲みながらのんびり。
至福の時ではないでしょうか。

e0091143_15395184.jpg


次の日は、朝からダイビング。
10年ぶりのダイビングなのでビーチエントリーで10メートル以内の浅瀬です。

色とりどりの魚はもちろん美しく、一緒に潜ったインストラクターの方がかなりエンターテイナーで楽しませていただきました。
砂の中や岩場からも色々な魚や蛸を探し出したり、うにの殻でボール遊びしたり、泡の輪にワカメをくぐらせて水面までくるくると上っていく様子をみせたり。
水中でシーウォーカー(空気が送られてくるヘルメットをかぶって水中に潜ります)をしている母とも再会したり。

夜はロイズでお食事。グアムのシーフード、特にサーモンはとってもおいしい。意外なとりあわせのユニークなユーロアジア料理。
前の日に食べたおさしみも美味でした。


グアム島は淡路島ほどの小さな島です。
3日目はレンタカーを借りて、島を一周しました。
まっすぐな道と何もない田舎町をドライブするのは、風が気持ちよくて爽快です。
南部の小さな町でココナッツやフルーツを買ったり、眺めのよいところで休憩しながらのんびりと南国の自然を楽しみます。
e0091143_1540993.jpg

恋人岬 (Two Lovers' Point)

今度はトレッキングもしたいなあ。
途中で山道から出てきたアメリカ人の女の子二人と自転車で周っているらしい日本人のグループ以外は旅行者を見かけませんでした。

おきまりの(?)ミクロネシアダンス。ダンサーの女の子がキュート。
e0091143_15435075.jpg


最後の日は朝市やお買い物。
e0091143_15423659.jpg


ホテルのブッフェもいいですが、地元の人でにぎわっている朝市はチョモロ料理なども食べれて、朝ごはんにぴったりです。
e0091143_154250100.jpg

右から「パンシット」ビーフンと野菜、肉をいためて作る、グアム風焼きそば。アチョーテの粉で色付けされている。「メロンとココナッツのジュース」「キャッサバのスイーツ」


あと牛肉、野菜などを巻いて揚げたグアム風春巻き、ピリ辛のフェナデニソースをつけて食べる「ルンピア」もおいしかったです。

スーパーで最近おきにいりのBetty Crockerのケーキミックスや食品を買い込み、Kmartでキッチン、リビング用品なども買い込みます。

そして最後まで食べまくってますが、私の好きなアメリカ料理トップ3。
e0091143_15431274.jpg

バッファローチキン
e0091143_15432159.jpg

甘いソースの骨付きリブ
e0091143_15432868.jpg

でっかいハンバーガー。お肉がその場で焼くからジューシー。

e0091143_1544726.jpg

飛行機からみた夕陽。

もちろん2キロ太って帰りました。

世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
by moccasin88 | 2006-02-14 16:06 | グアム