<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エーゲ海の島々

旅行に行く前の計画を立てる時間って楽しいですね。
旅行本などの写真からいろいろ想像したり、その土地の食べものをチェックしたり。
実際の旅行中より、わくわくしていたりして・・・。

そして、いざ行ってみると、想像が膨らみすぎて、「思ったより小さいなあ」とか「周りの雰囲気と合っていないなあ」とかがっかりすることもあります。

想像以上に素晴らしかったのはエーゲ海ギリシャの島々です。
本当にどこをとっても絵になる、島全体がフォトジェニックなんです。
e0091143_1532469.jpg


(この頃に撮った写真はいまいちですが・・・)

e0091143_1533539.jpg


すべての家が真っ白、海と空の青と白い壁が美しい。
e0091143_153451.jpg

白壁にビビットな黄色や青が似合います。
e0091143_1535329.jpg


もちろんアテネにもアクロポリスやゼウス神殿など本当に圧倒される古代遺跡が沢山あります。
神話と事実がいりまじる数千年の昔から残る建物を目の前にするなんて、なんだか不思議な体験ですね。

ギリシャはヨーロッパやアジア、中近東のいろんなスパイスが交じり合った国です。
私はパリから来たので、なんとなく人や町の雰囲気は中近東に近づいてきたかんじがしましたが、友人は中東の国々を越えてトルコから来て待ち合わせたので、ヨーロッパ的だと言っていました。

エーゲ海に魅せられた私は、ミコノス島やサントリーニ島などを周りましたが、アパートを1週間単位で借りられるところを偶然見つけたので、借りてみました。
e0091143_154289.jpg

ちいさなキッチンとリビングルーム、2階の寝室からは島を見渡すビュー付きの素敵な一軒家です。とっても安い値段で借りたのですが、こじんまりとしてかわいらしいお家で小さな島をのんびり歩くにはちょうどいい、快適な我が家です。

e0091143_154834.jpg


やっぱりここでもネコや犬、おじさんなどを眺めながらひたすら歩き、カフェやタベルナでおいしいものを食べる毎日でした。


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
by moccasin88 | 2005-12-20 15:04 | ギリシャ

クロアチア

旧ユーゴスラビアの国を周り、ギリシャまで。次はクロアチアです。

クロアチアは「アドレア海の真珠」といわれ、スロベニアの「アルプスの瞳」に続き、美しい自然や世界遺産が沢山あります。

e0091143_15292836.jpg


城壁に囲まれた小さな島、古都トロギールや古代都市、ローマ遺跡が残る神秘的な町スプリットは世界遺産に指定されています。
e0091143_15295763.jpg

そして「魔女の宅急便」のモデルともいわれるドブロヴニク。
美しいアドレア海と城壁に囲われた旧市街。
箒に乗ってきたら住みたくなっちゃいますね。

e0091143_15301972.jpg


e0091143_1539332.jpg

内戦の砲弾を受けた屋根は修理をしたので新しいレンガの鮮やかなオレンジが目立ちます。

e0091143_15303280.jpg

私が旧ユーゴスラビアの国を訪れたのは戦後間もない1997年。
ヨーロッパで沢山いた旅行者たちは旧ユーゴスラビアではまったくというほど出会いませんでした。
戦争後まもない、秋のアドレア海はとても寂しく閑散とした雰囲気でした。

そして、なにより苦労したのは泊まるところです。西ヨーロッパに比べて、東ヨーロッパや旧ユーゴスラビアでは安宿があまりありません。
そのかわり普通の家庭に泊まるSOBEというシステムが主要です。

カフェや旅行会社に飛び込み、今日泊めてくれるところありませんか?と探し回りました。ただでさえ旅行者や情報が少なく、さらにいきあたりばったりの旅で泊まるところを毎日確保するのはかなり大変でした。

e0091143_15312522.jpg

そんな中泊めてくれた方々に本当に沢山のやさしさをいただきました。
手作りのケーキを作ってくれたり、車で市内観光してくれたり、クロアチア語がわからない私のため海外にいる娘さんに国際電話をかけて通訳をしてもらったり・・・。
一人で旅行していると、ちょっとしたやさしさが嬉しいですね。

世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
by moccasin88 | 2005-12-10 15:35 | クロアチア

スロヴェニア

以前、1ヶ月のパリ留学をしたお話を書きました。

その時買った航空チケットは日本~パリ、ギリシャ~日本、というものでした。
ギリシャで友人との待ち合わせまで1ヶ月ほどあったので、パリからギリシャまで旧ユーゴスラビアの国々を陸路で行くことにしました。

とはいうもの1997年当時、旧ユーゴスラビアでは内戦があったばかりで、パリ市内のいろいろな旅行会社を周っても、あまり情報は得られませんでした。

殆どあきらめていた中、ユーロバスというヨーロッパ各地を周るバス会社から、クロアチアのザグレブ行きの夜行バスが出ていることがわかりました。
そして、背が高くてハンサムなユーロバスカウンターのクロアチア人の方にいろいろ見所や情報を教えていただきました。

日本語の旅行情報誌は旧ユーゴスラビアについては古い情報のみだったので、ロンリープラネッツを買って、ザグレブ行きの夜行バスに乗りました。


ザグレブからまずはお隣の国スロヴェニアへ。

スロヴェニアというと東欧のイメージが強かったのですが、どちらかというとお隣の国イタリアに似ています。

e0091143_16431666.jpg

特にアドリア海岸の町、コーペル、イゾラ、ピランなどでは多くのイタリア人が住んでいて、狭い路地裏などの町並みやオレンジの屋根と石畳などイタリアの田舎町という雰囲気。

e0091143_16425497.jpg


e0091143_16432798.jpg


スロヴェニアは自然が美しく、見所もたくさんありますが、一番印象に残ったのはなんといってもブレッド湖です。

e0091143_16433710.jpg

湖面にはアルプスの山が映し出され、中央には聖マリア教会が建つ島があります。
ちょうど紅葉が美しい時期だったので、朝の湖畔を散歩するのは素晴らしく美しい景色でした。

e0091143_164829100.jpg

e0091143_16434576.jpg


第2のおすすめはボストイナ鍾乳洞です。
世界で3番目に大きい鍾乳洞で、中には驚くことにトロッコ列車が走っています。
トロッコ列車はけっこう速度も速くなんだか遊園地みたい。
また、洞窟の中には1万人収容できるコンサートホールがあり、様々なコンサートが行われているそうです。

世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
by moccasin88 | 2005-12-02 16:48 | スロヴェニア