旅行で買ったスグレモノ。

旅行先でも家でも食べることが大好きな私。

旅行中の食べ歩きはもちろん、食材やキッチン用品も気になります。

いろんな国で買った、時期も場所も違う食器たちが所狭しと並んでます。

e0091143_10142129.jpg


その中でおすすめトップ5をご紹介します。

第5位!
モロッコで買ったグラス。

ミントティーやお茶を飲んだりします。

e0091143_10134954.jpg

第4位!
フィンランドはSirkku社のカップ。
お客様に出すお砂糖やミルクを入れたり。

e0091143_10145640.jpg



それでは・・・第3位!

沖縄のやちむん市で買った毎日使う食器たち。

e0091143_10151890.jpg

今年も2月に読谷村で行われる予定です。沖縄に来る予定がある方は是非。

第17回 読谷やちむん市

第2位!

フランスで買ったプラスチックの食器たち。
軽いので気軽に使えます。
朝、パンやサラダを入れたり。
夜はワンプレートで盛り付けてカフェ風に。
大活躍です。

e0091143_10225369.jpg


そして第1位!

フランスで買ったALBERT MENESのプロバンスハーブ入りマスタード!

e0091143_1016159.jpg

フランスではマスタードを使った料理が多いので、スーパーで購入したものです。
これがとってもおいしい!!

マスタードって今まで殆ど使わなかったけど、これは毎日のように使ってます。
いろんなハーブがたっぷりとシャンパンと白ワインのビネガーでできています。

ふかしたジャガイモ、オムレツ、ゆで卵・・・・
なんにでもつけるだけでハーブが香るりっぱな一品に!
ビネガー、オリーブオイルと混ぜれば、とってもおいしいドレッシングにもなります。

写真からもわかるように殆ど食べちゃいましたが・・・・・。
我が家ではヘビーローテーションな万能調味料です。

世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

[PR]
# by moccasin88 | 2010-01-16 10:16 | お買い物

サハラ砂漠とマラケシュ雑貨天国

日本からパリまでのチケットと格安チケットeasy jetでモロッコはマラケシュへ。
easy jetは安いときなら、パリーマラケシュがなんと片道30ユーロからあります。

中には片道1ユーロなんて路線も!(税金などは別途要)
ヨーロッパ往復チケットを組み合わせれば、とても格安でヨーロッパを自由にまわれます。

今回は日本→ロンドン→鉄道でパリ→マラケシュ→パリ→日本。

ホテルは少し奮発してモロッコならではのリアド(邸宅ホテル)に泊まります。

e0091143_16212425.jpg



スパでおなじみのバンヤンツリー系列のアンサナホテル。
モロッコのハマムとタイのマッサージを同時に受けることができます。

早速ついた日ににウェブで予約を取っておきました。
まずはモロッコ式ハマム。スチームバスに横たわり、あかすりをしてもらいます。
丁寧に暖かいお湯で流してもらうのが意外と気持ちがいいです。
その後はオイルマッサージ。
極楽~。
旅の疲れが取れます。

暖まった体に冷たいミントティとディーツがおいしい~。

e0091143_16214218.jpg



マラケシュといえば世界最大のスーク(市場)が有名です。
ホテルにたどり着くのも大変でしたが、一度市場に入るともうどこにいるのか全くわからなくなります。
迷ったら、ジャマエルフナ市場まで案内してもらいましょう。
頼まなくても子供達が案内をかってでてくれます。(少しチップ要)

e0091143_16215480.jpg


e0091143_1622384.jpg


夜のジャマエルフナ市場。
大道芸人から食べ物の屋台までなんでもあります。
活気がすごい!

e0091143_1622176.jpg
e0091143_16222750.jpg
e0091143_16224389.jpg
e0091143_16225392.jpg


スークは雑貨天国です。
値切って、歩いて、すごい人込みをかきわけて。
様々な色と物と人とカオスとパワーに圧倒されます!

モロッコに行くまではイスラム圏に女一人旅って、きっといろいろ面倒だろうなって思っていました・・・。
が・・・・・・!

この年(30過ぎ40未満)になると、値段交渉はもう達人の域だったことに気づき。
「これはここが汚れているから」「色が好きじゃない」など、
押しの強い店員さんにも負けません。

外国人だからと寄ってくる男性も、指輪を見せればきちんと対応してくれます。
おばちゃんになるってけっこう素敵かも!

e0091143_1633174.jpg

タジン料理を食べて明日はサハラ砂漠です。

世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2009-10-20 15:01 | モロッコ

スピリチュアルサウスウエスト!(ニューエイジと癒し)

アメリカの南西部、サウスウエストを旅行していると、癒しの場所がたくさんあります。

アリゾナ州に知る人ぞ知るセドナといういう小さな町があります。

ネイティブアメリカンの神聖な場所でもあり、ボルテックスという大地からのエネルギーが昇っているなんだかスピリチュアルな場所。

e0091143_12105022.jpg

セドナの土地は、「レッド・ロック・カントリー」と呼ばれ、赤く美しい岩の町です。


カリフォルニア州はかつてのニューエイジのメッカ。
60年代のヒッピームーブメントでは、自然への回帰を求め、癒しを求めて、パラダイスを作っていました。そんなラブ&ピースな場所が今でもまだまだあります。

魂も体も浄化させる温泉はやはり癒しの場所。自然に湧き出る温泉は岩でただ堰をしているだけのもの。
この自然との一体感は、行ってみる価値あり。

e0091143_12111361.jpg

はだか温泉。男女問わずはだかで入ります。


太古からネイティブアメリカンの聖地が多いこの土地では、スピリチュアルや癒しの文化が根付いていますが、その中でも有名なユタ州、モニュメントバレーはナバホの聖地。

e0091143_1211493.jpg


ナバホの住居ホーガンにも泊めてもらいました。
e0091143_1242508.jpg


ジープツアーにも参加。彼の後ろの岩山は本物です。
e0091143_12165311.jpg


彼曰く「羊は草を食べて、ただ毎日を生きる。でも羊には無駄がない。肉、血、内臓すべて食べられる。そしてホーガンではおばあちゃんが羊の毛を編んでいる。そんな羊と共に生きてきたシンプルな暮らしが昔からのナバホの生き方なんだ。」
e0091143_12442790.jpg

e0091143_1217715.jpg



世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-11-10 12:54 | アメリカ

アイラブ、タイフード。

タイ料理といえば、トムヤムクン、タイカレー、パッタイなど。
辛く、甘く、香草やパンチの効いたイメージです。

FFコッポラが足繁く通うというスコータイホテルのレストラン「セラドン」。
ヴィラタイプの建物は蓮の花が浮かぶ堀に囲まれ、贅沢な空間。
スコータイホテル内ということもあり、洗練されたセレブたちの間で人気だそう。

セラドン焼の器に載った料理は定番タイ料理。

e0091143_10322593.jpge0091143_10324750.jpg





タイ料理は意外に中華料理に近い味付けの料理もたくさんあります。

バミー(たまごめん)やクイッティアオなどの麺類は中国から伝わったもので、とってもあっさりとしています。
ごはんに自分で選んだおかずを何品かのせてくれるお惣菜屋台もあっさり味。

バンコクでは安くおいしいごはんがどこでも食べらますし、アパートなどではキッチンがない家も多く、家でごはんを作る人はあまりいないそうです。

カオマンガイはシンガポールチキンライスとも海南チキンライスとも言われ、マレー半島ではどこでも食べられる定番の屋台料理です。
いわゆる日本のチキンライスではなく、鶏ガラスープで煮込んだごはんに鶏肉をのせたもの。

ルンピニナイトバザールの向いの中華料理店の「半世紀のあいだ人気のフェイマスBBQチキン(英語)」とあったガイヤーンは忘れられない一品。
この店はタイ風春巻き、ホッケンミー(福建麺)などなんでもおいしい!
ルンピニナイトバザール、又はムエタイ観戦の時には是非。

ホッケンミーは福建省からきた麺料理。タイ語で麺はミー。
ちなみにマレーシアやシンガポールではホッケンミンといいます。

以前、インドネシアのスマトラ島のはしっこのはしっこで福建麺の屋台があって感動したことがあります。世界中にちらばった華僑の方のおかげでどこでもおいしい中華を食べれられます。


おまけ。

e0091143_1042812.jpg

スーパーで食材やおかしなんかを見るのも楽しい。

e0091143_10383662.jpge0091143_10384421.jpg


日本語がおもしろいスナック。
「のりまかりかり。ひつくおよきり」とは一体・・・・・!?

e0091143_1111570.jpg


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-10-16 11:02 | バンコク

バンコク寺院めぐり

今回はバンコク癒しの旅ですが、寺院めぐりなども。

まずは王宮とワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)。
e0091143_11335752.jpg


ワット・プラ・ケオはタイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院。
王室専用であり、タイで唯一僧侶のいない寺院です。

e0091143_11334987.jpg

e0091143_1134776.jpg

本当に何もかもが光り輝く寺院です。
e0091143_11342566.jpg

e0091143_11351284.jpg

細かいところまでよく見ると面白い細工がみられます。
e0091143_11352043.jpg

e0091143_1135367.jpg



お次はワット・ポー 。
「リクライニング・ブッタ」と呼ばれる光り輝く釈迦仏がたおやかな姿で横たわっています。
また、タイ古式マッサージの最高機関であるワットポー・マッサージスクールが敷地内にあります。

寝ている仏様を楽しみしていた友達が一言「今日は起きてる!」
ちょびっと目を開いてらっしゃるんですね。
e0091143_11381442.jpg

なんだか色っぽい。
e0091143_11514414.jpg

足の裏にはインドと中国とタイの混合様式で仏教に関することが描かれています。
e0091143_1139938.jpg

e0091143_11392273.jpg


寺院の中には猫がいっぱい。のんびりムード。
e0091143_1140169.jpg


寺院の行き来は渡り船に乗ります。
3バーツ。9円なり。
e0091143_1144586.jpg

船着場にも王様が。
e0091143_11424272.jpg


そして。ワット・アルン
e0091143_11442167.jpg


三島由紀夫の小説「暁の寺」のモチーフにもなった寺院。陶器の破片に覆われた大仏塔が朝日を浴びきらきらと輝く様や、夕日を背に浮かび上がるシルエットにも趣があります。
e0091143_11453942.jpg
e0091143_11455649.jpg
e0091143_11461540.jpg


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-10-07 11:46 | バンコク

癒しの楽園、タイへようこそ。

やっと涼しくなった日本を出て、バンコクにやってきました。
ムッとする熱気、路地裏、屋台の匂い、アジア独特のエネルギーに満ちた街。

10年前バックパッカーだった頃、旅のはじまりはいつもカオサンでした。
今のようにインターネットもなく、旅人から旅人へいろいろな情報が伝えられ、インド、ヨーロッパ、インドネシア、西へ東へ北へ南へ、どこへ行くにもバンコクが中継地点でした。

しかし、今回のテーマは癒し。
あの頃の私がうらやましがるホテルでゆっくりステイ、そしてスパ三昧の旅です。

今回はホテルステイを楽しむということで、ホテルでゆっくりと過ごします。
滞在ホテルはザ・ペニンシュラ・バンコクです。
e0091143_1413414.jpg


チャオプラヤー川を望むリバービュー。対岸はオリエンタルホテル。
e0091143_1414165.jpg


暑いバンコク、プールサイドのサロンでゆったり本を読んだり、カクテルを飲んだり。
e0091143_14154434.jpg


午後は生演奏の流れる中、アフタヌーンティなど。
アジア(写真左)とイングリッシュ(写真右)から選べます。アジアのほうは寿司にみたてたスイーツ、生春巻きなど変り種です。イングリッシュは焼きたてスコーンにきゅうりやたまごのサンドイッチなど定番。どちらもおいしい!
e0091143_14173957.jpg


そして、やっぱり楽しみはリバーカフェでの朝食バッフェ。
スタッフは微笑みの国タイならではの笑顔で、さすがのホスピタリティです。
チャオプラヤー川のようにゆったりとした時間での朝食。
e0091143_14261966.jpg


今回の旅のもう一つのお目当てであるスパはバンヤンツリーホテルの中のスパと一軒やスパへ。
バンヤンツリースパは只今、改装中で普段のトリートメントルームを使えず、残念でしたが以下サイトより抜粋。

「バンヤンツリー・スパはバンコクの喧騒の中のサンクチュアリー。14部屋あるスパ・ルームからの眺めは息をのむような素晴らしさで、まるで天国にいるような開放感とリラクゼーションを味わえます。マッサージ、ヘチマの垢すりなどボディ&ビューティー・トリートメント、ハーブを使ったボディ・ラップ、アロマ・マッサージなど東洋と西洋をうまくミックスさせた当スパ自慢のコースからお好きなトリートメントをお選びいただけます。スパ施設としてはスティームバス、サウナ、ジャグジースパ・プールがあります。」

ということでバリ、タイ、ロミロミ、スエーディッシュなど世界のトリートメントを選ぶことができます。私はバリ、友達はスエーディッシュを選びました。
スクラブとオイルマッサージのパッケージでしたが、とっても気持ちいい。スエーディッシュはとてもやわらかいタッチでマッサージがはじめてだった友達にぴったりだったみたいです。

最後の日のフライトが夜だったため、Divana Massage & Spa で一日かけてトリートメント。

いろいろなオイルやスクラブを選べます。
e0091143_14572194.jpg

庭付きの古いお屋敷を改装した都会の中の一軒やオアシスです。
まずはフルーツなどのデトックス効果のあるボディスクラブと泥のヘアパック。
そしてそのままスチームバスで体内の汚れを取り、ミルクバスに花びらを浮かべたフローラルバスでしばしゆったり。
冷たいレモングラスティーとフルーツをいただきます。
そしてオイルマッサージ。
静かな音楽の照明をおとした部屋で心地のよいマッサージ。
気持ちがよすぎて眠ってしまいました。


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-10-03 14:27 | バンコク

スピリチュアルサウスウエスト!(アートクラフト)

ニューメキシコで有名な観光地では、サンタフェ、タオスなどネイティブアメリカンのプエブロ(集落)があります。町全体が「アドベ」と呼ばれる、土と藁を固めた日乾煉瓦で作られた建物でできていてとってもかわいい。
e0091143_12295185.jpg


e0091143_12303442.jpg


サンタフェ、タオス周辺は芸術が盛んでネイティブアメリカンのアートクラフトやアートのギャラリーやショップがたくさんあります。
e0091143_12301014.jpg

私はインディアンジュエリーやビーズ、織物などが大好きなのですが、アリゾナ、ニューメキシコ、ユタ周辺のナバホ、ホピ、ズニ族など部族によっていろいろな特徴があります。

売り手や作り手の人に一つ一つのモチーフの意味などを教えてもらうのも楽しみの一つです。自然をモチーフにしたものが多く、人間は自然の一部であり、自然に感謝して共に生きていくという教えがいっぱい詰まっています。例えばギザギザ模様は雷をモチーフにしています。恵の雨をもたらしてくれます。


でもこれって、自然のあらゆるもの、木や滝や山に神様がいて、自然から恩恵を受けて生きているという私達日本人古来の考え方と同じなんです。最近の日本では忘れていることを改めて教えてもらった気がします。


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-06-09 12:01 | アメリカ

スピリチュアルサウスウエスト!(アルバカーキ)

旅に行くと元気がもらえます。
中でも何度も足を運んでいるのがアメリカのサウスウエスト。
アリゾナ、ニューメキシコ、ユタのあたり。

赤く乾いた大地。
ネイティブアメリカンの聖なる土地モニュメントバレー。
スピリチュアルなアリゾナ、セドナ。

まずは飛行機でLAからニューメキシコの玄関口アルバカーキへ。
たまたま訪れたとき、「gathering of nations」というネイティブアメリカンの大きなお祭りがあって、これが思いのほかいい出会いでしした。


文字通り、アメリカ中から様々なネイティブアメリカンの部族が集まり、実に様々なダンスが行われます。カラフルなビーズや美しい羽飾り、衣装だけでも圧倒されるけど、歌やダンスも部族それぞれで見所満載。

ヤマアラシやイーグルの派手な羽飾りをつけた男の人の戦闘のダンス。
ジャラジャラ音を立てるジングルがついている衣装を着た女の人のジングルダンスなどなど。

さらに、ビーズや小物など、手作りの物や食べ物の屋台まであって、本当に楽しめます。
インディアンブレッドというパンを油で揚げて、チーズや野菜を沢山載せてあるインディアンピザ(?)がおいしい!

そして、多分あんまり知られてはいないけど、アルバカーキには沢山のアンティークが集まる通りがあります。
かなり大きな建物に何100ものブースがあって、まるで蚤の市をそのまま建物にした感じにしたようなビルが沢山並んでいます。
e0091143_12464241.jpg

一日周っても飽きないくらい。LAのローズボールなんか目じゃないくらい安いし楽しい!
e0091143_12465152.jpg


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-06-01 12:42 | アメリカ

南の島

日本からたった3時間半、気軽に行ける南の島グアム。
2月の真冬の日本から行けば、本当に楽園です。

というわけで、久しぶりに家族旅行です。

安いパックを選べば3万円くらいから、金曜日の夜から週末だけでもぱっとさっといけちゃうのが魅力ですね。

とはいえたった4日間だけれど、ダイビング、ショッピング、レンタカーでドライブ、それに極楽マッサージにと思いのほか満喫。

3時間半はあっという間についちゃうけど、入国審査に1時間半もかかりました。
アメリカに入国するには指紋採取とデジカメによる顔写真の撮影が義務づけらていますので、ながーい行列です。
文句たらたらの日本人をよそ目に入国審査官の人はもくもくと作業を続けるだけです。

日本を出ると、日本のあらゆるサービスがすばらしいことに気づきます。
でもここは郷に入れば郷に従い、南の島のゆったりとした時間を楽しみましょう。

まず着いて早速、ホテルに併設されているマンダラ・スパでアロマテラピー・マッサージ。
お庭の個室にはジャグジーも付いていて、南国の暖かい空気とアロマオイルの匂いが混ざり、
うーん極楽。

青い空、エメラルドの海、深紅のブーゲンビリア。
ホテルのプールで泳いだ後はバーでピニャ・コラーダを飲みながらのんびり。
至福の時ではないでしょうか。

e0091143_15395184.jpg


次の日は、朝からダイビング。
10年ぶりのダイビングなのでビーチエントリーで10メートル以内の浅瀬です。

色とりどりの魚はもちろん美しく、一緒に潜ったインストラクターの方がかなりエンターテイナーで楽しませていただきました。
砂の中や岩場からも色々な魚や蛸を探し出したり、うにの殻でボール遊びしたり、泡の輪にワカメをくぐらせて水面までくるくると上っていく様子をみせたり。
水中でシーウォーカー(空気が送られてくるヘルメットをかぶって水中に潜ります)をしている母とも再会したり。

夜はロイズでお食事。グアムのシーフード、特にサーモンはとってもおいしい。意外なとりあわせのユニークなユーロアジア料理。
前の日に食べたおさしみも美味でした。


グアム島は淡路島ほどの小さな島です。
3日目はレンタカーを借りて、島を一周しました。
まっすぐな道と何もない田舎町をドライブするのは、風が気持ちよくて爽快です。
南部の小さな町でココナッツやフルーツを買ったり、眺めのよいところで休憩しながらのんびりと南国の自然を楽しみます。
e0091143_1540993.jpg

恋人岬 (Two Lovers' Point)

今度はトレッキングもしたいなあ。
途中で山道から出てきたアメリカ人の女の子二人と自転車で周っているらしい日本人のグループ以外は旅行者を見かけませんでした。

おきまりの(?)ミクロネシアダンス。ダンサーの女の子がキュート。
e0091143_15435075.jpg


最後の日は朝市やお買い物。
e0091143_15423659.jpg


ホテルのブッフェもいいですが、地元の人でにぎわっている朝市はチョモロ料理なども食べれて、朝ごはんにぴったりです。
e0091143_154250100.jpg

右から「パンシット」ビーフンと野菜、肉をいためて作る、グアム風焼きそば。アチョーテの粉で色付けされている。「メロンとココナッツのジュース」「キャッサバのスイーツ」


あと牛肉、野菜などを巻いて揚げたグアム風春巻き、ピリ辛のフェナデニソースをつけて食べる「ルンピア」もおいしかったです。

スーパーで最近おきにいりのBetty Crockerのケーキミックスや食品を買い込み、Kmartでキッチン、リビング用品なども買い込みます。

そして最後まで食べまくってますが、私の好きなアメリカ料理トップ3。
e0091143_15431274.jpg

バッファローチキン
e0091143_15432159.jpg

甘いソースの骨付きリブ
e0091143_15432868.jpg

でっかいハンバーガー。お肉がその場で焼くからジューシー。

e0091143_1544726.jpg

飛行機からみた夕陽。

もちろん2キロ太って帰りました。

世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2006-02-14 16:06 | グアム

エーゲ海の島々

旅行に行く前の計画を立てる時間って楽しいですね。
旅行本などの写真からいろいろ想像したり、その土地の食べものをチェックしたり。
実際の旅行中より、わくわくしていたりして・・・。

そして、いざ行ってみると、想像が膨らみすぎて、「思ったより小さいなあ」とか「周りの雰囲気と合っていないなあ」とかがっかりすることもあります。

想像以上に素晴らしかったのはエーゲ海ギリシャの島々です。
本当にどこをとっても絵になる、島全体がフォトジェニックなんです。
e0091143_1532469.jpg


(この頃に撮った写真はいまいちですが・・・)

e0091143_1533539.jpg


すべての家が真っ白、海と空の青と白い壁が美しい。
e0091143_153451.jpg

白壁にビビットな黄色や青が似合います。
e0091143_1535329.jpg


もちろんアテネにもアクロポリスやゼウス神殿など本当に圧倒される古代遺跡が沢山あります。
神話と事実がいりまじる数千年の昔から残る建物を目の前にするなんて、なんだか不思議な体験ですね。

ギリシャはヨーロッパやアジア、中近東のいろんなスパイスが交じり合った国です。
私はパリから来たので、なんとなく人や町の雰囲気は中近東に近づいてきたかんじがしましたが、友人は中東の国々を越えてトルコから来て待ち合わせたので、ヨーロッパ的だと言っていました。

エーゲ海に魅せられた私は、ミコノス島やサントリーニ島などを周りましたが、アパートを1週間単位で借りられるところを偶然見つけたので、借りてみました。
e0091143_154289.jpg

ちいさなキッチンとリビングルーム、2階の寝室からは島を見渡すビュー付きの素敵な一軒家です。とっても安い値段で借りたのですが、こじんまりとしてかわいらしいお家で小さな島をのんびり歩くにはちょうどいい、快適な我が家です。

e0091143_154834.jpg


やっぱりここでもネコや犬、おじさんなどを眺めながらひたすら歩き、カフェやタベルナでおいしいものを食べる毎日でした。


世界一周雑貨バイヤーに応募しています。
こちらから投票をお願いします!!

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!
[PR]
# by moccasin88 | 2005-12-20 15:04 | ギリシャ